暑い夏は虫歯に要注意|目黒の矯正歯科専門歯科医院「デュナミス歯列矯正歯科」 目黒駅 徒歩6分

デュナミス歯列矯正歯科

  • 0334930302

    電話受付
    10:00~12:30、14:00~18:00
    ※水曜日は11:30~14:00、15:30~19:30

  • 休診日
    月、木、祝日、
    隔週日曜日
  • メール

矯正歯科ブログ

暑い夏は虫歯に要注意

だんだんと気温が上がり、夏本番の今日この頃。
皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

夏の暑さ対策として、冷たいジュースやアイスを食べる機会が増えてきますね。
しかし、この甘くて冷たいものを摂取することで虫歯のリスクを高めてしまいます。

コーラを飲むと歯が溶けるといわれるのは皆さん聞いたことがあるかもしれませんが、炭酸飲料に限らず砂糖が入った甘いジュースも、虫歯の大敵なのです。

 

pHについて

皆さんは「pH」という言葉をご存じですか?
これはイオン指数の英語の略で、リトマス紙を使って、酸性、アルカリ性を判定するための指数でpH7が中性とされているものです。

歯の表面には、固いエナメル質というものがありますが、エナメル質は酸にとても弱い性質を持っています。
数値にすると「pH5.5」以下になると歯が溶け始めます。

 

飲料によって違う

pHが7より小さいものは虫歯になるリスクが高いということになるので、飲み物のpHを知ることが大切になります。

水・ミネラルウォーターは7.0で、近いものでは牛乳(pH6.8)があります。

お茶や無糖コーヒーはpH6.5となるので暑い季節はこれらを水分補給とすると良いでしょう。

紅茶は市販のものだと砂糖が入っており、pHが5.5ですので、飲みすぎには注意しましょう。

オレンジジュースは4.0スポーツドリンクは3.5です。
コーラは2.2という数値です。コーラを飲むと歯が溶けるといわれるのはpHが他のものに比べるととても低いことからだとわかりますね。

暑い季節は冷たい飲み物が飲みたくなりますが、虫歯のリスクを考えて飲むものに気をつけましょう。

 

だらだら飲みはNG!時間を決めてドリンクを摂取しよう

お口は唾液が出ることで、唾液の成分によって溶けて歯から出ていったカルシウムを元に戻す働きがあります。
これを石灰化といいますが、この時にまた甘い物を飲むことでそのサイクルが追い付かなくなってどんどん歯が溶けていってしまいます。

ダラダラ飲みをすることで虫歯のリスクが高くなります。
時間を決めて飲むようにして、その後は、必ず歯磨きをするようにしましょう!

ページトップへ戻る