子どもの矯正歯科|目黒の矯正歯科専門歯科医院「デュナミス歯列矯正歯科」 目黒駅 徒歩6分

デュナミス歯列矯正歯科

  • 0334930302

    電話受付10:00~18:00

  • 休診日
    木、祝日
    隔週日曜日、第三月曜日
  • メール

子どもの矯正歯科

適切なあごの発達も促す子どもの矯正歯科

お子さんの歯並びを気にして矯正を希望される方が多いですが、子供の矯正歯科治療には歯並びを改善することのほかに、あごの成長発育を整える目的もあります。最近の子供は「あごが小さくなった」と言われています。あごの成長発育には、遺伝的な要因もさることながら、食生活、舌や口の周りの組織の悪習癖、また口呼吸など環境の要因にも大きく影響されます。あごの発育が悪いと歯並びに影響するだけなく、上手く噛めなかったり、滑舌が悪かったり、顔のかたちが変わってしまうこともあります。大人になってからあごの骨を治すと、外科的な手術が必要になることもあり、時間的にも費用的にも負担がかかってしまいますが、成長発育期のお子さんであれば、少し変化を与えてあげられば、よりバランスの取れた状態に近づけられることも多いです。子供の矯正歯科治療では歯並びの改善と並行して、あごの発育に悪影響を及ぼす癖や生活習慣を正し、適切なあごの発育を促していきます。

矯正装置や方法

顎の大きさを拡げる装置(取り外し式、固定式)

取り外しできるタイプや、取り外しのできないタイプなど様々なものがありますが、顎の骨をより大きくしたり、歯の内側への倒れこみを外側に起こしてあげることにより、歯が並べられる隙間を作ります。
患者さん一人ひとりに合わせた、装置の選択や設計が必要になります。

お口の外側に装置が見えるもの

あごの位置関係に大きなのズレがある場合に使われることが多いタイプです。取り外しができます。

成長に悪影響を与える要因を改善をめざすもの

舌の位置が正常な場所になかったり、口呼吸であったり、正しい嚥下(飲み込み)ができていないなどの成長発育に悪影響を与える因子を取り除き、より自然な成長発育へ導くための装置です。
取り外しができるタイプですが、使う時にトレーニングを意識して使えると非常に効果的です。

ページトップへ戻る